オーストラ・マコンドー

「息が苦しくなるほどに跳ぶ」

脚本・演出 倉本朋幸

2016年11月30日(水)→12月11日(日)

NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

 ストーリー

遊びで顔を叩くふりをする、売春をする、幽霊が見えてしまう、自分をデザインする、二時間しばかれ続ける、スケボーをする、自転車で二人乗りをする、ただひたすら町で体育座りをして人を観察する、カラオケに行く、将来夢見て小さな世界の中で演劇参考本を読み発声練習のため大きな声を出す、いじめられる、いじめる、戦争や日本の政治や自由や平和のために公園で誰も聞いていないのにその思いをラップにのせ声をあげ続ける。将来自分は家を持ち家庭や子供と普通に暮らしたいと夢見る、テストに集中できない、オナニーをする、のぞきをする、事件の動画をとる、複数の人とsexをする、語る、群れる、かくれんぼする、歩く、笑う、踊る、走る、寝れなくてもだえる、そして、僕達は夢をみる

 

 

そんな、ある地方都市の高校生たちのある一日

 

 

そして、その高校生たちが成人し、30代になったある一日を描く。

 

 

ある意味で僕たちはそれぞれにあの日、若かりし、もう決して戻ることのできない、夢見たもしくは絶望したあの日から、ほとんど何も手に入れられていなくて完全に敗北している。

 

あー・・・・まじでいらつくなー

 公演情報 

​11月30日(水)19:30

12月1日  (木)19:30

12月2日  (金)14:00/19:30

12月3日  (土)14:00/19:30

12月4日  (日)15:00

12月5日  (月)14:00/19:30

12月6日  (火)14:00/19:30

12月7日  (水)14:00/19:30

12月8日  (木)19:30

12月9日  (金)14:00/19:30

12月10日(土)14:00/19:30

12月11日(日)15:00

受付開始は開演の45分前で御座います。

開場時間は開演の30分前で御座います。

出演者 

河合龍之介

カトウシンスケ

遠藤留奈(THE SHAMPOO HAT)

井端珠里

小宮一葉

でく田ともみ(えび)

武本健嗣

豊川智大(ロ・ロール)

小林 光(江古田のガールズ)

佐野 剛(江古田のガールズ)

加藤睦望(やみ・あがりシアター)

杉田一起

鈴村悠

田中あやせ

まちだまちこ

依田玲奈

 

亜矢乃

【STAFF】

作・演出      倉本朋幸

音楽        mogmos

映像        大口葉

演出助手      釣 遥子

宣伝美術         鶴丈二・岡藤真依

制作        伊藤彩奈(MICOSHI COMPLEX)

プロデューサー   山口ちはる

企画・製作     オーストラ・マコンドー

【協力】

江古田のガールズ、えび、(株)wood luck office、やみ・あがりシアター、

ロ・ロール

〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS × Nihonbashi B1F

徒歩4分: 日比谷線 小伝馬町駅 1番出口
徒歩5分: 都営新宿線 馬喰横山町駅 A2出口
徒歩6分: JP総武線(快速) 馬喰町 1番出口